スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ館行ってきました(滋賀県)

kinomoto-jizo2.jpg
黒田官兵衛博覧会バス乗降所 

 今年のNHKの大河ドラマは「黒田官兵衛」ですね。
ゆかりのある地ではイベントや特別展をやっています。
関西では姫路城の近くの家老屋敷跡公園に大河ドラマ館ができています。
今回は長浜にありますもう一つの大河ドラマ館「戦国大河きのもと館」に行ってきました。

農業関係のお客様なのでまずは視察から

タキイ種苗研究農場
初代瀧井治三郎さんの像
歴史は江戸時代にまでさかのぼるそうです。
takii1.jpg

takii2.jpg

今回はあまりありませんでしたが、季節により様々な植物を栽培して研究しておられます。
takii3.jpg

お昼ごはんは長浜太閤温泉「浜湖月」さんでいただきました。
hamakogetu.jpg

長浜歴史博物館
nagahama-hakubutukan1.jpg

きれいな花が満開でした。
春を感じます。
nagahama-hakubutukan2.jpg


戦国大河きのもと館
きのもと交流館の1階にあります。
もともと滋賀銀行の店舗だったので重厚な建物です。
kanbei4.jpg

主演の岡田さんはヒラパー兄さんも兼任です^^
kanbei1.jpg

登場人物を交えて長浜や木之本との関わりを詳しく解説しています。
kanbei2.jpg

登場人物に変身できるフォトスポット
私も福島正則にふんしてみました。
kanbei3-2.jpg

木之本地蔵院
大河ドラマ館からすぐのところにあります。
古くから目の仏様として信仰を集めています。
kinomoto-jizo1.jpg

aguri-ritto.jpg
アグリの郷栗東さんに立ち寄り農作物の直販を視察いただいて帰阪いたしました。



kakiuchi


http://yamatokanko.com/
スポンサーサイト

幸魂奇魂(さきみたま・くしみたま)

 先日、神社の宮司さまとお話する機会があり神道の話を色々教えていただきました。
お食事のとき手を合わせて「いただきます」というのは仏教からきているそうです。
元々は神の国だった日本ですが、後から渡来した仏教のほうが広まったため一般的な作法として定着したそうです。
神道では一礼して1度拍手を打って「いただきます」と言うのが食事する前の作法だとおっしゃってました。

今回は神話の国出雲へ行ってきました。

出雲大社、幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)の像
御祭神の大国主大神が海の神様より幸魂・奇魂の”おかげ”を授かったという神話の像です。
「幸魂」は優しさで人を幸わせにする神霊、「奇魂」は知恵で物事を成就させる神霊で、これらの力ですべての者が幸せになる「縁」を結ぶというところからえんむすびの神として信仰を集めているのだそうです。
izumotaisya-mitama.jpg

須佐神社
八岐大蛇を退治したスサノオノミコトをお祭りしています。
susajinjya.jpg

峯寺
宍道湖より南へ車で30分ほどのところにあります。
山々を背景にした庭がとてもきれいです。
mineji.jpg



goda

http://yamatokanko.com/

島根県立古代出雲歴史博物館(島根県)

tatekanban.jpg

出雲大社の東隣りにあります島根県立古代出雲歴史博物館。
豊富な展示内容で、神話の国出雲のなりたちや歴史を学ぶことが出来ます。
今まで行ったことがなかったのですが、歴史の好きな方にはピッタリの施設でした。

出土した出雲大社の本殿の柱
出雲大社や古墳群など、発掘された古代の出土品がたくさん展示されています。
taisya-hasira.jpg

発掘された遺跡を手がかりに再現された平安時代の出雲大社本殿の1/10模型
taisya-mokei.jpg

こちらは古墳群から出土した豪族のきらびやかな太刀とその複製
gozoku-turugi.jpg

たくさんの出土品が展示されています。
hokosaki.jpg

tenjipaneru.jpg

出雲大社にご参拝されたときにはぜひ行ってみて下さい。



matui

http://yamatokanko.com/

早春の遠州路PartⅡ(静岡県)

 先日先輩の遠州路リポートがアップされてましたが、第2弾いかせていただきます^^

朝、大阪を出発しまして
まずは岡崎の「魚魚丸奥座敷」さんで腹ごしらえです
おいしいかったですよ~
toretoresuisan.jpg

浜松エアーパーク
おなじみの飛行機の殿堂です。
全天周スクリーンの大迫力ムービーショーが大人気でした。
hamamatu-ap.jpg

お泊りは焼津温泉「松風閣」さん、先日先輩もお世話になっていたような・・・^^
syoufukaku-yasu.jpg

翌朝も快晴でホテルの部屋からの駿河湾の眺めもバッチリでした。
syoufukaku-umi.jpg


まずは世界遺産三保の松原へ
hagoromonomatu-yasu.jpg

日本平パークウェイを通り日本平山頂に登りました。
お天気が良かったので雪化粧した美しい富士山も見ることができました。
fuji-yasu.jpg

野口雨情の童謡「赤い靴」の像
モデルとなった女の子のお母さんがこの地の出身だそうです。
akaikutu.jpg

お客様はイチゴラインにある「才茂農園」さんでイチゴのおみやげを買われました。
ichigo-yasu.jpg

お昼ご飯は焼津市のうみえーる2階にあります「ととや新兵衛」さんで海鮮バーベキューをいただきました。
海に面しているのでとても眺めが良いですよ。
totoyasinbei.jpg

sakanasenter.jpg
焼津さかなセンターさんでお土産を買っていただき帰阪いたしました。



yasunaka

http://yamatokanko.com/

うずしおを見に行くなら(徳島県)

 淡路島と四国のあいだの鳴門海峡。
aaa.jpg

うずしおを見ることができることでとても人気がありますね。
でも、うずしおはいつでも見れるわけではありません。
タイミングが悪いとまったく見れないこともあります。
観潮船を運航している海運会社のHP等で観潮によい時間を潮見表で確認してから行かれることをお奨めします。

今回乗船したのは南淡路の福良港から運航しているうずしおクルーズさんの海臨丸。
幕末に活躍した船をモチーフにした観潮船です。
大きな船なのでほとんど揺れることが無く、船酔いしやすい方にはおすすめです。
お天気の良い日には、船内よりオープンデッキが気持ちいいです。
bbb.jpg

観潮ポイントへ向かいます。
ccc.jpg

この日は一番観潮に適している大潮の時間だったので豪快なうずしおを見ることができました。
潮の干満は月の引力により海面が引っ張られることで起こるらしいです。
大潮はこの干満の差がとても大きい満月や新月に近い日にあります。
ddd.jpg

eee.jpg

ご昼食は鳴門に渡り鯛丸さんでいただきました。
fff.jpg

新鮮なお刺身・特産のわかめのお味噌汁をいただきました~
ggg.jpg

大塚美術館
西洋の名画を陶板を使い原寸大の大きさで複製しています。
とても見ごたえがありますよ。
見学時間は最低でも2時間以上必要でしょうか?
hhh.jpg



matui

http://yamatokanko.com/

早春の遠州路です(静岡県)

 だんだんと日の入り時刻が遅くなってきました。
暖かな春が近づいてくるのが感じられますね。

今回は静岡県の焼津温泉へ行かせていただきました。

石原水産マリンステーション
焼津インターチェンジを降りてすぐにあります。
水産物の加工を手がけている石原水産さんのアンテナショップなので海産物のお土産がとても豊富にあります。
レストランも併設されていてお食事も出来ます。
isihara-ms.jpg

名産のかつをのたたきを作る工場も見学できます。
katuotataki2.jpg

水揚げされたかつを鮮度か落ちないようすばやく瞬間冷凍して加工されておいしいたたきになっていきます。
katuotataki1.jpg

このあと、駿河湾を望む久能街道へ
太平洋に面した南向きの斜面で石垣イチゴの栽培がされています。
3月はイチゴ狩りのシーズンなので、たくさんのお客様で賑わっております。
ichigo.jpg

三保の松原「羽衣の松」
天女が衣を掛けたといわれる松です。
hagoromonomatu.jpg

しかし、現在は3代目の松で平成22年に代替わりしています^^
mihonomatu2.jpg

こちらは2代目の松
mihonomatu.jpg

この日は焼津温泉「松風閣」さんにお泊りさせていただきました。
syoufukaku2.jpg

翌日は牧の原へ

お茶の郷博物館
静岡といえばお茶が名産ですね。
ochyanosato1.jpg

お茶の博物館のほか、手入れの行き届いた美しい庭園があり、お茶室もあります。
ochyanosato.jpg

お抹茶作りの体験もできますよ。
mattcya-tukuri.jpg

このあと大井川鉄道へ
お客様は懐かしのSLにご乗車です。
出発は新金谷駅。
sinkanayaeki.jpg

到着の千頭駅です。
senzueki.jpg

SL号到着です。
約1時間半ほどの機関車の旅です。
senzueki-sl.jpg

お昼はとてもきれいなお弁当でした。
bentou.jpg

バスは千頭駅へ回送してお客様をお迎えして帰阪しました。



harada

http://yamatokanko.com/

高野山の火祭り(和歌山県)

真言宗の聖地高野山へお参りさせていただきました。

根本大塔
kouya-odou.jpg

毎年3月の第一日曜日に高野山の春の山開きと四国霊場開き、招福厄除祈願として、
大護摩供要「高野の火祭り」が営まれます。
kouya-gomagyou.jpg

kouya-gyoujya.jpg

kouya-omairi.jpg

kouya-goma.jpg

高野山の僧侶や修験者の方々の読経、たくさんの願意が書かれた護摩焚きにお参りされていた方々の祈り、目に見えないパワーのようなものを感じました。



endo

http://yamatokanko.com/

生松葉かに食べるならお早く~

冬の味覚の人気者の松葉かに。
やっぱり日本海方面で生のかに刺し食べたいですね^^

香住の佐津海岸
佐津にはおいしい生かにを食べさせてくれる宿がたくさんあります。
今回は「湧昇」さんでお世話になりました。
おいしいかにが評判のお宿で、毎年カニを食べに行かれるお客様もおられます。
satukaigan.jpg

JR佐津駅
なかなかおもむきがある駅ですね。
satueki.jpg

観光に立ち寄った植村直巳記念館
エントランスはクレバスをイメージして建築されたらしいです。
uemuranaomi.jpg

松葉かに漁は3月20日までです。
今シーズンまだ食べていない皆様、お早い目にお出かけくださいね~



goda

http://yamatokanko.com/

2泊3日四国・広島方面(愛媛県・広島県)

 東北のお客様を大阪にお迎えして四国と広島を観光していただきました。

朝、大阪を出発して明石海峡大橋へ

淡路サービスエリアで休憩です。
awaji-SA1.jpg

大鳴門橋を渡り四国へ、高松道で途中休憩を取りながら琴平へ入りました。

中野うどん学校さん
中野うどん学校さんは食事、うどん打ち体験ができ、金毘羅宮のガイドもしてもらえます。
nakano-udon1.jpg

本日のお泊りは道後温泉の椿館さんです。
美しい女性がお出迎えです。
nakano-udon2.jpg

道後温泉のシンボル道後温泉本館
dogo-honkan.jpg

独特の情緒がありますね。
dogo-honkan2.jpg

道後温泉駅前のからくり時計
夜になると明かりがついてきれいです。
dogo-tokei.jpg

ぼっちゃん列車です
bocyanretusya.jpg

2日目は松山観光へ

石手寺
四国88ケ所札所です。
isiteji1.jpg

仁王門には大わらじ
ishiteji-waraji.jpg

境内には三重塔のほかすばらしい建築物がたくさんあります。
isiteji-gojyunoto.jpg

松山市のシンボル松山城へ移動
山頂にある城へはロープウェイで登っていただきます。
matuyamajo-rope.jpg

イメージキャラクターは「よしあき」君です
matuyamajo-cyara.jpg

matuyamajo-map.jpg

伊予かすり会館
kasurikaikan1.jpg

名産の伊予かすりの生産工程や歴史を学んだり藍染の体験ができます。
kasurikaikan2.jpg

この後、松山観光港からフェリーで呉港へ

大和ミュージアム
呉市海事歴史科学館
yamato-musi.jpg

第二次世界大戦で使用された兵器が展示されています。
yamato-musi2.jpg

メインの展示は戦艦大和です
yamato-musi4.jpg

てつのくじら館
大和ミュージアムの向かいにある海上自衛隊の資料館です
tetunokuzirakan2014-1.jpg

潜水艦の操縦シミュレーションの体験もできます。
tetunokuzirakan2014-2.jpg

この日のお泊り日本三景宮島
お客様は船で宮島へ、乗務員は宮島口でお泊りさせていただきました。
miyajima-noriba.jpg

翌日、お客様は朝から厳島神社をご参拝されてからご乗車いただき広島市内へ

原爆ドーム
genbakudome.jpg

平和記念公園
heiwa-obu.jpg

少し足をのばして尾道を観光
映画「時をかける少女」のロケ地で町並みがとても美しいです
onomichi-kane.jpg

千光寺です。
千光寺山の中腹にありますので尾道の町並みを一望でき、とても眺めが良いです。
senkoji.jpg

山頂からお寺までの道は文学のこみちと呼ばれ、尾道を訪れた文人の言葉が刻まれた岩が点在しています。
bungakunokomichi.jpg

三重岩
三つの重なった巨大な自然の岩がお寺に覆いかぶさるようにあります
sanjyuiwa.jpg

鎖山
こちらも大きな岩山で鎖につかまりながら登ることが出来ます
sanjyuiwa2.jpg

hirosimakuko.jpg
このあとお客様は新広島空港へ送らせていただきました。



harada

http://yamatokanko.com/

伊勢神宮ご参拝旅行(三重県)

 伊勢神宮へお参りに行くよといわれたら、まず内宮さんのお参りと思いますよね。
一緒にお参りしなければ片参りといわれる外宮さんや別宮もいくつかありますし、神宮以外にも伊勢にはすばらしい神社がありますので、普段あまりお参りされないところをまわられるのもよいのではないでしょうか?

今回は伊勢3社お参りさせていただきました。

外宮
isejingu1.jpg

お祀りされている豊受大御神は食物・穀物を司る神で広く産業の神様として崇められています。
isejingu2.jpg

多くの方がご参拝です。
isejingu3.jpg

内宮
isejingu-hasi.jpg

皆様ご存知のとおり天照大御神をお祀りです。
isejingu-kanban.jpg

おかげ横丁も賑わっておりました。
okageyokocyo.jpg

猿田彦神社
境内にあります佐瑠女神社です。
天照大御神が天岩窟にお隠れになったとき神楽を舞われた天宇受売命がお祀りされています。
芸能の神様として信仰を集めています。
sarumejinjya.jpg

ume1.jpg
梅の花も見頃となっています^^



yokote

http://yamatokanko.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。