スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洲本市は化け狸の街でした(兵庫県)

 みなさまこんにちは。
今年の秋はけっこう暖かい日が多かったですね。
そのせいか紅葉が遅かったり色づきの悪い所もありました。
みなさまは秋の観光シーズンたくさんお出掛けして楽しんでいただけましたでしようか?
観光地もできるだけ多くのお客様に来ていただいて楽しんでもらえるような特色を出すように色々と考えてます。
今回行かせていただいた淡路島の洲本市は有名な化け狸伝説をモチーフにして売り出していました。

洲本八幡神社
洲本には昔いたずらをするものの人々に愛されていた狸が8匹いたそうでその中で一番有名な「柴左衛門」の石像があります。
sibazaemon2-H271116.jpg

柴左衛門の石像
柴左衛門はその昔、当時大人気だった芝居を大阪の中座へ観に行ったそうです。
葉っぱのお金を使って入場していたのがバレて犬にかみ殺されたのですが、劇場はお客の入りが悪くなりこれは柴左衛門狸の祟りでは?ということでお祀りしたところまた大入りに戻ったそうです。それ以来中座のお狸さんと呼ばれお芝居の神様として芸能関係者に信仰されていました。
sibazaemon-H271116.jpg

大阪中座が平成11年に閉館したときに洲本八幡神社に里帰りをしてこのお社に祀られています。
sibazaemon3-H271116.jpg

洲本市内にはこのほか柴左衛門の妻の「お増」を含む7匹の狸像があります。
市内観光をしながらのんびり巡るのも良いのではないでしょうか?



matui

http://yamatokanko.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。