FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うずしおを見に行くなら(徳島県)

 淡路島と四国のあいだの鳴門海峡。
aaa.jpg

うずしおを見ることができることでとても人気がありますね。
でも、うずしおはいつでも見れるわけではありません。
タイミングが悪いとまったく見れないこともあります。
観潮船を運航している海運会社のHP等で観潮によい時間を潮見表で確認してから行かれることをお奨めします。

今回乗船したのは南淡路の福良港から運航しているうずしおクルーズさんの海臨丸。
幕末に活躍した船をモチーフにした観潮船です。
大きな船なのでほとんど揺れることが無く、船酔いしやすい方にはおすすめです。
お天気の良い日には、船内よりオープンデッキが気持ちいいです。
bbb.jpg

観潮ポイントへ向かいます。
ccc.jpg

この日は一番観潮に適している大潮の時間だったので豪快なうずしおを見ることができました。
潮の干満は月の引力により海面が引っ張られることで起こるらしいです。
大潮はこの干満の差がとても大きい満月や新月に近い日にあります。
ddd.jpg

eee.jpg

ご昼食は鳴門に渡り鯛丸さんでいただきました。
fff.jpg

新鮮なお刺身・特産のわかめのお味噌汁をいただきました~
ggg.jpg

大塚美術館
西洋の名画を陶板を使い原寸大の大きさで複製しています。
とても見ごたえがありますよ。
見学時間は最低でも2時間以上必要でしょうか?
hhh.jpg



matui

http://yamatokanko.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。