FC2ブログ

幸魂奇魂(さきみたま・くしみたま)

 先日、神社の宮司さまとお話する機会があり神道の話を色々教えていただきました。
お食事のとき手を合わせて「いただきます」というのは仏教からきているそうです。
元々は神の国だった日本ですが、後から渡来した仏教のほうが広まったため一般的な作法として定着したそうです。
神道では一礼して1度拍手を打って「いただきます」と言うのが食事する前の作法だとおっしゃってました。

今回は神話の国出雲へ行ってきました。

出雲大社、幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)の像
御祭神の大国主大神が海の神様より幸魂・奇魂の”おかげ”を授かったという神話の像です。
「幸魂」は優しさで人を幸わせにする神霊、「奇魂」は知恵で物事を成就させる神霊で、これらの力ですべての者が幸せになる「縁」を結ぶというところからえんむすびの神として信仰を集めているのだそうです。
izumotaisya-mitama.jpg

須佐神社
八岐大蛇を退治したスサノオノミコトをお祭りしています。
susajinjya.jpg

峯寺
宍道湖より南へ車で30分ほどのところにあります。
山々を背景にした庭がとてもきれいです。
mineji.jpg



goda

http://yamatokanko.com/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)